スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

シジュウカラ

12日の出来事です。(汗)

早朝に猫たちがバタバタ走り回る音と
外から聞こえる小鳥のさえずりとは言いがたい
周りを警戒するような声で目が覚めた。
何かを必死に呼ぶ声。

嫌な予感がする。
庭に出てぐるりと周りを見回す。
雛の母親を呼ぶ声。
親鳥の雛を呼ぶ声。
親鳥が行く方向を見ると・・・・・
いた!!!
なんとシジュウカラの雛が藤の木に止まってる。
それも地面から1メートルあるかないかの場所。
親鳥が必死になって雛を呼び餌をあげている。
このままrittyがここにいたらまずいな。
そう思い家の中に引き返したものの。。。。
気になります。
まだ表面にフワフワの毛が残るような雛。
小鳥の幼鳥ってこんな早く巣立ちするのかなぁ。
何とか少し飛べる状態になったぐらいなのかな?
なんとか生き延びて欲しい。

でも・・・rittyには何も出来ません。
ただ見守る事しか出来ません。
親鳥が雛を助けようとしてる間は
人間は手を出してはいけない気がするんです。
と、言うより今まで庭に飛んできたスズメの雛を助けて
餌をあげたりしましたが生き延びた子はいませんでした。
何度餌をあげようとしても頑なに口を閉じていた子や
初めは食べてもその内まったく食べなくなってしまう
子達ばかり。怪我してたってのもありますが・・・
なので雛の生きようとする生命力を祈るだけ・・・

1時間ほど経った頃母鳥の必死の呼びかけに
一生懸命飛び何とか藤の木から杏の木に飛び移りました。
少し安心。
だって藤の木にいたらうちの庭は野良猫君達も来るしね。
杏の木は背丈も高いし隠れる場所もある。
後はなんとか母鳥について行き安心できる場所に
帰っていけるといいんだけど・・・
多分怪我はしてないと思うんです。
外傷がなさそうに見えるだけなんだけど・・・

つがいと思われるお父さん鳥とお母さん鳥が
何度もやって来て餌を運んだり呼びかけたりしています。
ベランダからちょうど肉眼で見れる所にいたので
望遠でちょこっとだけ写真を撮らせてもらいました。
絶対にフラッシュなんか焚けないし
空はうす曇だったので分かりにくいけど。。。

親鳥が餌を持って来てくれるまでは寝てるの。
ist1786.jpg


親鳥の声がするとお口を開けて鳴きます。
短時間に何度も餌を運ぶ親鳥をみてちょっとビックリ。
何処でそんなに小虫?を見つけられるのかしら?
ist1787.jpg


大きさはスズメの赤ちゃんより小さめ。
一瞬スズメの赤ちゃん?と思う感じですが
親鳥がシジュウカラなのできっとシジュウカラの雛。(笑)
ist1788.jpg


大人のシジュウカラは
白いほっぺと胸元から胴体にかけて黒い線?の
ポイントがあるとても綺麗な鳥です。
(カラフルなスズメみたいな感じ?)
鳴き声も美しいです。
とても機敏に動き警戒心が強いので親鳥になったら
rittyのドンくささでは絶対写真撮れないだろうな。
昨日までの雨も今日はあがって時々晴れ間もみれる天気。
どうかシジュウカラの雛が無事大きくなり
又うちに遊びに来てくれるといいな。
シジュウカラの雛が杏の木、
それもベランダに近い場所に居たので
強制的に今日は朝のベランダ遊びは禁止。
小鳥が飛んでくるのは窓から見えるので
非常に不服そう。
だって猫にビックリして親鳥が来なくなっては
可哀想じゃないですか~。

それにしても鳥ってあんな小さい時に巣立ちをし
親から餌を貰いながら
徐々に自然に溶け込んでいくんですね。
自由と危険を伴う自然の世界へ。
母鳥の偉大さ幼鳥の逞しさ。
目のあたりにした時涙が出そうになりました。

追伸:
私が出かける頃になると
雛の姿は見当たらなくなっていました。
親鳥の姿も見当たらず。
ユックリなら飛んで行けるようだったので
親鳥の誘導について行き
きっと無事安心できる場所へ帰って行った・・・
そう信じたいです。
シジュウカラさん、元気でね!

スポンサーサイト
2006-05-13(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

ドキドキ。なんとか無事に大きくなって、巣立ったほしいですね。あ、巣からはもう出ちゃったのか。うーんと、自立できるようになってほしいですね。そこまであがったのなら、なんとか、無事な場所まで行けるのでは、、、、
ここまできて、ティエタが木のうえで動けなくなったときのことを思い出しました。にっちもさっちもいかなくなったティエタはやけくそになったのか、おとうさんを信頼したのか、数メートル下のおとうさんめがけて飛び降り、がっちりうけとめてもらいました。このとき、木の下で、わいわいいっている両親のじれったさは、きっとシジュウカラの親鳥の気持ちに通じるのでは、、、
2006-05-13 22:00 | tieta4u | URL  [ 編集 ]

コメントありがとうございます~ 

tieta4uさん♪
自然の中で育っていくというのは
凄く大変な事だと思うけど頑張って欲しい!
ティエタちゃんにとってお父さんは
絶大な信頼をしてる相手なんだろうな。
その時のティエタちゃんは小鳥の雛が親鳥の呼びかけに
決死の覚悟で飛び立って杏の木に移った時と
きっと同じ状態だったんでしょうね。
rittyも我家の猫達と
ティエタちゃんとお父さんの様な関係になりたいです。
今の所はご飯係と遊び係ワンセット要員ぐらいにしか
思われてなさそ~(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
2006-05-15 23:04 | ritty | URL  [ 編集 ]

 

読みながらドキドキしてしまいました。
わたしも何度かこんな場面に出会ったことありますよ。
ご近所でも小鳥が家の軒下で子育て中です。
鳥の巣立ちは本当に大変ですね。この辺も猫が多いので。。。
あとからすも心配。
以前住んでいたマンションのまん前で鳩が子育てしていましたが、
わたしの目の前で雛をさらっていきました。
自然に生きるというのは大変な事ですね。
その雛さんも無事に大きくなってくれるといいな~
2006-05-16 00:11 | しっぽ | URL  [ 編集 ]

コメントありがとうございます! 

しっぽさん♪
しっぽさんも同じ様な場面に遭遇した事があるんですね!
ご近所の軒先で子育て中の小鳥さん達
無事巣立ってくれるといいな。
うちの方もノラ君達結構いますよ~
うちの庭にも良く来ます。
自然界は全ての生き物が生きていくために必死ですよね。
その中を生き抜く事って凄く大変な事だなぁと思いました。
2006-05-18 00:43 | ritty | URL  [ 編集 ]

プロフィール

ritty

  • Author:ritty
  • 今はラグドールのルーシー& ベルソナと生活中
    リッティー・ニコは実家で生活中

    ミックスのリッティー
    (女の子・15歳)
    アメショのテツ
    (2008年2月16日永眠)
    ラグドールのルーシー
    (男の子・7歳)
    三毛のニコ
    (女の子・6歳)
    ラグドールのベルソナ
    (女の子・7か月)
    詳しい紹介はこちら
    メールフォームはこちら

    こっそりランキング参加ちぅ。



    日記の感想大募集中ぅ。(爆)
    ただし私が不適切と判断した
    コメントなどは
    削除させて頂きます。
    ご了承下さいませ。
カウンター

最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

HPリンク

HPをお持ちの方のリンクは
別窓で表示されます☆

ここをクリックしてね☆

ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。